脱酸素剤入りフード

あけましておめでとうございます。
もちこです。

今年もばっちりおもちを食べ過ぎて
かなり太りましたが気のせいだと信じて今年も頑張ります!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

.。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:. .。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

今日は製品の品質についてお知らせします。

バニーセレクションなどセレクションシリーズやプロステージシリーズ等には
脱酸素剤」という酸素を抜くための小袋が入っています。
袋の中の酸素だけを抜くため、商品の酸化を防ぐことが出来ます。

(酸化:酸素に触れることで腐敗していく現象。
 酸化を防ぐことで合成保存料を添加しなくても長期保存が出来るようになります。)

時々お問い合わせを頂くことがあります。

「真空パックのように袋内に空気がない袋と、
 空気が入っている袋があるんだけど、どっちが正しいの?」






↑空気がなく、密閉されている状態のバニーセレクションシニア
 振っても音がしないぐらいカチコチ。


↑空気が入っていて、振ると粒同士の当たる音が出る
 バニーセレクション メンテナンス


これ、両方が正解なんです!

空気がある方が酸素が抜けてないんじゃないの?って思われるかもしれませんが、

空気には酸素よりも窒素が一番多く含まれています。
(空気の約8割が窒素、約2割が酸素です。)

バニーセレクションなどはフードを入れた袋を
手作業でシール(熱による密閉作業)しています。
手作業のため、どうしても空気が入る袋、入らない袋があります。

でもどちらもしっかりと脱酸素剤が酸素だけを抜いていきますので、
酸化を防ぎ、フードの品質を保てる状態になっています。

ですので両方品質には問題ありませんので
ご安心してご利用いただければと思います。

もちこ